ビタミンB1

ビタミンB1が不足してしまうと、ビタミンB1欠乏症になってしまうことがあり、手足のしびれやむくみが症状となる脚気になってしまうことがありますし、ウェルニッケ脳症になってしまうこともあります。
脚気とはビタミンB1が不足することによって、糖質をエネルギーに変えられなくなって起こる病気で、手足のしびれやむくみの他に、動悸・息切れ・食欲不振・疲労感などの症状があらわれます。
また手足のしびれやむくみくらいの軽症ですむこともありますが、心臓肥大を起こして心不全になってしまうこともありますので、ビタミンB1欠乏症にならないように気を付けておかなければいけません。
そしてウェルニッケ脳症とは、意識障害やけいれんなどの症状があらわれる病気で、悪化してしまうと昏睡状態になり、死に至ってしまうこともありますので、アルコールの飲み過ぎは注意しましょう。
このような人体への影響が考えられますので、不足しがちな人は積極的に摂取しましょう。