債務整理って何?

債務整理というのは、国がきちんと認めた借金問題を解決するための法的な手続きのことです。
債務とは借金のことで、それを整理するというのは、ゼロにしたり減額をしたりすることを意味しています。何らかの事情で借金を作ってしまって返済が難しい方が、新しく生活のスタートを切れるようにとの目的で作られました。ですので現在の日本では、借金問題は債務整理でほぼ解決できるといっても過言ではありません。
この債務整理には4つあって、「任意整理」・「特定調停」・「個人再生」・「自己破産」となっています。債務整理を考えるタイミングというのは、なんらかの事情により作ってしまった借金の、期間や額によって決めるというものではありません。目安としては、当初の予想を遥かに超えていて借金をもう返済することが難しいとか、借金の返済が上手くいかず延滞や滞納をしてしまうとか、借金を返済するためにまた別もしくは複数の金融業者から借金をしてしまう、などです。
こういった状況に陥ってしまったら、自力での解決はほぼ無理ですのでぜひ債務整理を考えてみましょう。債務整理の中の一つの方法に、任意整理というのがあります。これは、公的機関である裁判所などは一切通すことなく、借金を減額してもらえるように債権者と交渉を行う手続きのことを指しています。
利用するための制限も少ないので、4つある債務整理の手続きの中では、最も利用されることが多くなっています。貸金業者(債権者)と直接交渉を行って、利息分や月々の返済額を減額してもらいます。それにより自己破産をすることなく、借金を減額することができます。
しかし減額などの交渉は、実際には法律などの知識が乏しい素人が行うのは難しいのと、相手側から不利な条件を突きつけられて和解契約をしてしまう危険性を含んでいます。ですから、多少の費用はかかっても弁護士や司法書士などのプロの専門家に依頼する方が無難です。専門家に任意整理を頼むと、貸金業者への返済自体は一旦ストップとなります。
そして支払いの催促などの連絡も弁護士経由になりますので、直接自分にはこなくなるというメリットなどがあります。
個人再生は自分で手続きするか?弁護士に依頼するか?