少し書いたら休憩を挟もう

朝から晩までアフィリエイト用にずっと記事を書いている。しかし、記事をずっと書き続けるのには骨があおれる。最初の頃は物珍しさもあって、ペンが進む。しかし、慣れてくると新鮮感がなくなってひきつけられない文章を書いてしまう。私は昔から、人よりも眠気が起きやすい体質だった。小学生の頃は眠気を感じることはなかったが、中学生になってからは眠気によってよく授業中に寝ていた。少しのことを積み重ねれば、いずれは大きな結果へと結びつく。そのことを意識しながら、私は焦らずに着々と努力をする。努力をすることでバックグラウンドの知識を手に入れることができ、しかも読み放題なのだ。将来海外生活がはじまったら、読書をしながら1日の作業を潰していきたいと思う。あとの問題は、伴侶を見つけることだろう。伴侶を見つければ、どこの国へ行っても寂しさを感じないと思う。とにかく、人生を豊かにしたいのであれば人間関係が必要なのだ。いくらお金があっても、人間関係がゼロなら幸福感を十分に感じるのは難しいと思う。海外生活をはじめるまでに、少なくとも信頼できる友人を5人はつくる。5人もいれば、真の友人としては十分だと思う。無理たくさん作っても、浅い仲なら意味がない。