今は、超低金利なので長期の住宅ローンを組むのに適している

住宅を購入する際、ほとんどの人が住宅ローンを利用するでしょう。
特に今は、超低金利なので長期のローンを組むのに適しています。
ただ、住宅ローンといっても種類が何個もあります。
その中でも、「フラット35」という単語を耳にしたことはありませんか?名称からはどんな特徴があるのか伝わりにくいですが通常の銀行ローンとどういった部分が違うのか調べてみました。
メリットとしては、返済金額が変わらないので返済計画が立てやすいことや保証料や繰上げ返済手数料が必要ないという面があります。
マイナス面としては、金利が変わらないので低金利になると割高になることや低金利になると割高になることや独自の審査基準があるので利用できないことがあります。
念願のマイホームを購入する際に利用する住宅ローンですが種類が多くてどれを選んだら良いのか迷ってしまいます。
でも住宅ローンを組むのは人生に1回の人が多く選び方がわかりません。
ここでは、選ぶ際重要なことをまとめてみました。
まず、最初に決めるのは金利を変動型にするか固定型にするかです。
毎月の支払いが高くなる可能性があれば低くなる可能性もある変動型と毎月の支払い額が変わらないので返済計画が立てやすい固定型を選ぶかです。
変動型に決めた場合は金利が変わるので比べるポイントがわかりやすいですが全期間固定金利のフラット35では金利以外の保証料などを比べる必要があります。
ここ数年では、変動型の人気が落ち固定型の人気が出ているようです。
あまり利用することのない住宅ローンですが利用する機会がないからこそ契約の流れもわからないということも多いはずです。
ここではフラット35を例にして契約について説明します。
新築で立てる場合では、はじめに借り入れの申し込み、設計審査の申請を行い物件が基準を満たしているか審査してもらいます。
審査結果は1週間から2週間くらいで通知されます。
結果がわかったら着工し、工事途中、竣工後の2回竣工現場審査の申請をしていただく必要があります。
竣工現場審査に通ったら借り入れのご契約や資金の受け取りなどの手続きが行えます。
住宅を買う際の資金調達で強い味方になる住宅ローンですがローンなのでもちろん審査に落ちる場合もあります。
基本的にローンに落ちる可能性が高いとされているのは過去に別のローンを組んでいて支払いを滞納している場合や借り入れ希望額に対して年収が少ない、勤続年数が短いなどといった場合が挙げられます。
フラット35などほとんどのローンで言えることですが年間の返済額が年収の約3割までに収まっているかという部分がとても重要になります。
例えば、今回のローンでの返済額は年収の3割以下に収まっていたとしても他に車のローンや以前リフォームしたときのリフォームローンが残っていて年間支払額を合計すると超えてしまうといったこともあります。
全期間固定金利ということで利用を考える人の多い住宅ローンのフラット35ですがどういったローンなのかコマーシャルなどを見てもいまいちわかりません。
メリットとしては全期間金利が変わらないので返済計画を立てやすいことや保証料がかからないこと、対象物件の住宅性能を重視した審査が行われること、繰上げ返済手数料が0円なことが挙げられます。
デメリットとしては原則、物件価格の9割までの融資になることや金利が変わらないので低く変動しても毎月の支払う金額は変わらないこと、繰上げ返済が100万円から可能と銀行オリジナルのローンに比べ高額なことが挙げられます。
他にもメリット・デメリットはあるので利用する際は確認してからにしましょう。
基本的にどのローンでも変動型の方が金利が低いことが多く変動型で借りた方がすごくお得に見えます。
ただ、変動型の場合は逆に支払額が高くなるリスクもあります。
そのため、支払額が安定しないので返済計画も立てにくいです。
そういった方の場合は、支払額が変わらないフラット35などのフラット35を利用することをお勧めします。
固定型と書いているように、完済するまで支払額が変わらないように設定できます。
マイナスの部分としては、固定なのでたとえ金利が低くなったとしても他のローンへの借り換えを行う必要があります。
世の中には様々な住宅ローンが存在します。
銀行オリジナルのローンやフラット35のようにどこの銀行機関で借りても基本的には同じ条件になるローン商品など種類がたくさんあってどれを選べばよいかわかりません。
他の人がどういった部分を比較してローンを組んでいるのでしょうか。
特に見られているのは金利条件です。
単純に金利の数値を見ている場合もあれば支払い額に直結する金利が変わる変動型にするか、一定の固定型にするかという部分です。
変動制の場合は銀行機関独自のローンになるので繰上げ返済手数料や保証料など銀行独自で設定できます。
住宅ローンを探す際の判断基準の参考にしてください。
住宅を購入するときに利用する住宅ローンですが多くの住宅ローンでは、購入する物件が決まってから事前審査を始めます。
事前審査の結果、ローンが組めないこともあります。
そういった不測の事態が起こらないようにいくらまで借りられるのか知りたいところです。
例えば固定金利のフラット35取扱件数1位のアルヒが行っている「ARUHIの家検索」というページでは物件を決める前に他に年収が400万円未満だと年間返済額が年収の30%以内までなどの条件もあります。
他の機関のHPにも借入シミュレーションがあるので物件探し時に必ず確認するようにしましょう。
予算が分かっていれば選択肢もその分少なくなるので探しやすくなるのではないでしょうか。